延岡市の巨樹・古木


サムネイル,リンク文字(青)をクリックすると「同じページ」に標準の画像を表示します。
このページに戻るには、ブラウザの「戻る」をクリックしてください。
このページの下に、スライドショーへのリンク,メニュー画面に戻るなどのアイコンがあります。

 延岡地方は、東は日向灘に面し、北は大分県に接する県北の地域です。戦国時代まで県(あがた)土持氏が所領としていましたが、豊臣秀吉の九州平定以降は高橋氏、有馬氏、三浦氏、牧野氏と領主が変遷し、内藤氏で幕末を迎えています。まず高橋氏は天正15(1587)年に豊前国香春岳(かわらだけ・現福岡県香春町)から、有馬氏は慶長19(1614)年に肥前島原の日之江(現長崎県北有馬町)から、三浦氏は元禄5(1692)年に下野国壬生(みぶ・現栃木県壬生町)から、牧野氏は正徳2(1712)年に三河国吉田(現愛知県豊橋市)から、内藤氏は延享4(1747)年に陸奥磐城国平(現福島県いわき市)からそれぞれ移封され治世に携わりましたが、最も長かったのは内藤氏の123年でした。こうしてみると、当時の大名が全国各地に異動(?)させられていたことが分かります。

 さて、肥前国からこの地に赴いた有馬氏は木炭製造、牧場の設置、船宿(廻船問屋)、植林事業などの産業奨励に取り組みましたが、他に塩田も開いたといわれ、延岡における製塩業の先駆けになりました。このとき、当時製塩業が盛んであった播州赤穂(現兵庫県赤穂市)から山本、日吉、片伯部(かたかべ)、上田、大山の五家族を招き、この地に住まわせて製塩を営ませたといい、「平原のムクノキ」を所有する大山氏は、このとき赤穂から鍋や釜にいたるまで持参して移り住んだ大山一族の子孫と伝えています。ちなみに、赤穂浪士の討ち入りに至った江戸城松之廊下の刃傷事件は元禄14(1701)年のことですから、延岡藩主は三浦氏の時代でした。

 このような歴史を持つ延岡も、現代になると工都として発展を遂げます。大正13(1923)年に日本窒素肥料(株)が、我が国初のカザレ法による合成アンモニアの製造をこの地で開始したことに始まる新たな歴史の幕開けでした。おそらく多くが内藤氏の頃に根付いたと思われるこの地方の巨樹たちは、一時期煙害にさいなまれる日々もありましたが、今でもそうした世の中の盛衰を見守りながら生きています。
 平原町の大山邸では、毎年ムクノキの下で親族が一堂に会して祭りを行っているとのことです。また、日本で三本の指に入るセンダンや、九州本土で初めて見つかった天然杉など話題は事欠きません。工都延岡とともに生きる巨樹たちをご堪能ください。
標準の画像 標準の画像 標準の画像
宝蔵寺のハマセンダン
平原のムクノキ
伊達町のクスノキ
樹種:ミカン科ハマセンダン
所在:延岡市上伊形町・宝蔵寺
幹周:310cm 樹高:28m
指定:県100選
撮影:1992.3.5
樹種:ニレ科ムクノキ
所在:延岡市平原町3・大山邸
幹周:585cm 樹高:19m
指定:県100選,市保存
撮影:2000.10.20
樹種:クスノキ科クスノキ
所在:延岡市伊達町
幹周・樹高:未測(幹周約400cm)
指定:無
撮影:1992.11.15
標準の画像 標準の画像 標準の画像
春日神社の大クス
恒富小のヤマモモ
吉野のすだのきさん
樹種:クスノキ科クスノキ
所在:延岡市恒富町4・春日神社
幹周:1,000cm 樹高:30m
指定:県100選,市保存
撮影:1992.1.16
樹種:ヤマモモ科ヤマモモ
所在:延岡市愛宕町1
   ・恒富小学校
幹周:288cm 樹高:8m
指定:無
撮影:2002.8.2
樹種:ブナ科スダジイ
所在:延岡市吉野町・岩熊堰近く
幹周:511(計1,231)cm 樹高:10m
指定:県100選,市保存
撮影:1992.1.16
標準の画像 標準の画像 標準の画像
慧日梅
行縢神社のバクチノキ
近江地蔵のシイノキ
樹種:バラ科ウメ
所在:延岡市松山町・慧日山本東寺
幹周:300cm 樹高:6m
指定:県100選,市保存
撮影:1992.1.16 花の画像
樹種:バラ科バクチノキ
所在:延岡市行縢町・行縢神社
幹周:350cm 樹高:26m
指定:県100選
撮影:1992.1.16
樹種:ブナ科スダジイ
所在:北方町角田・近江地蔵
幹周:715cm 樹高:16m
指定:無
撮影:2004.1.12
標準の画像 標準の画像 標準の画像
三椪小学校のセンダン
城のオガタマノキ
鬼の目杉
樹種:センダン科センダン
所在:北方町屋形原・三椪小学校
幹周:595cm 樹高:22m
指定:県100選,町12選
撮影:2001.3.25
樹種:モクレン科オガタマノキ
所在:北方町城・城小学校上
幹周:440cm 樹高:26m
指定:県100選,町12選
撮影:1992.1.16
樹種:スギ科スギ
所在:北方町上鹿川
   ・鬼の目山西7合
幹周:503cm 樹高:19m
指定:町12選
撮影:2004.1.12
標準の画像 標準の画像 標準の画像
家田のムクノキ
古江のキンモクセイ
古江神社のタブ
樹種:ニレ科ムクノキ
所在:北川町家田・甲斐商店前
幹周:477cm 樹高:16m
指定:無
撮影:2000.12.16
樹種:モクセイ科キンモクセイ
所在:北浦町古江・河野邸
幹周:200cm 樹高:8m
指定:国天,県100選
撮影:2002.8.2
樹種:クスノキ科タブノキ
所在:北浦町古江・古江神社
幹周:445cm 樹高:17m
指定:無
撮影:2002.8.2
フォトストーリーを上映します


フォトストーリーは、W M V ファイルをサポートしているWindows Media Playerなどがインストールされていないとご覧になれません。Windows Media Playerをダウンロードする。
このストーリーのサイズは1.90Mbです。


メニュー画面に帰ります