宮崎県西都市の巨樹・巨木


サムネイル,リンク文字(青)をクリックすると「同じページ」に標準の画像を表示します。
このページに戻るには、ブラウザの「戻る」をクリックしてください。

 宮崎県西都市は、古代から中性にかけて日向国の中心地でした。西都原(さいとばる)古墳群の所在は、 古墳時代にこの地が重要な役割を果たしていたからだと考えられています。また、奈良時代の後半から平安時代の初頭にかけては、 国司が執務した国府の所在地があったこともほぼ確かめられています。
 そのような土地柄からでしょうか、西都市には多くの巨樹・巨木が残されています。山中にひっそりと佇む巨樹もありますが、 市井にあって人々との関わりの中で生きているものが過半数を占めているのも特徴的です。
標準画像 標準画像 標準画像
妻のクス(被災前)
妻のクス(被災後)
都万神社のクスノキ
樹種:クスノキ科クスノキ
所在:妻・都万神社
幹周:1,080cm 樹高:18m
指定:国天,県巨樹100選
撮影:1992.11.3
樹種:クスノキ科クスノキ
所在:妻・都万神社
幹周:986cm 樹高:18m
指定:国天,県巨樹100選
撮影:1994.6.11
樹種:クスノキ科クスノキ
所在:妻・都万神社
幹周:735cm 樹高:18m
指定:−
撮影:1994.6.11
標準画像 標準画像 標準画像
鱗祥院のイチョウ
国分寺のイチョウ
大口川のタブノキ
樹種:イチョウ科イチョウ
所在:白馬町・鱗祥院
幹周:850cm 樹高:21m
指定:県巨樹100選
撮影:2000.11.11
樹種:イチョウ科イチョウ
所在:三宅・国分寺跡
幹周:800cm 樹高:20m
指定:−
撮影:2000.10.25
樹種:クスノキ科タブノキ
所在:大口川・矢野家墓地
幹周:462cm 樹高:12m
指定:−
撮影:2001.3.20
標準画像 標準画像 標準画像
八重山のハゼノキ
上穂北のクス
吹山のコウヤマキ
樹種:ウルシ科ハゼノキ
所在:八重山
幹周:300cm 樹高:13m
指定:県巨樹100選
撮影:1995.11.5
樹種:クスノキ科クスノキ
所在:南方・南方神社
幹周:1,200cm 樹高:36m
指定:国天,県巨樹100選
撮影:1992.11.3
樹種:スギ科コウヤマキ
所在:三納・吹山国有林
幹周:410cm 樹高:19m
指定:国森の巨人
撮影:2000.10.7
標準画像 標準画像 標準画像
尾八重一本杉
樅木尾のタブノキ
樅木尾有楽椿
樹種:スギ科スギ
所在:尾八重・横尾
幹周:620cm 樹高:24m
指定:市天,県巨樹100選
撮影:1995.5.26
樹種:クスノキ科タブノキ
所在:樅木尾・椿の里公園
幹周:537cm 樹高:16m
指定:−
撮影:2001.3.15
樹種:ツバキ科ウラクツバキ
所在:樅木尾・椿の里公園
幹周:188(複幹計344)cm 樹高:10m
指定:県天,県巨樹100選
撮影:2000.1.10
標準画像 標準画像
樅木尾の槇
小椎葉の桜
樹種:スギ科コウヤマキ
所在:樅木尾・椿の里公園
幹周:445cm 樹高:18m
指定:県巨樹100選
撮影:1995.5.26
樹種:バラ科ヤマザクラ
所在:小椎葉・小学校跡
幹周:370cm 樹高:13m
指定:−
撮影:2001.3.18
フォトストーリーを上映します


フォトストーリーは、W M V ファイルをサポートしているWindows Media Playerなどがインストールされていないとご覧になれません。
Windows Media Playerをダウンロードする。このストーリーのサイズは1.90Mbです。


メニュー画面に帰ります