•  イチヤクソウ科ギンリョウソウ
 森を歩くと出会う妖精ギンリョウソウ。別名ユウレイタケとも呼ばれるように、気味悪がる人もいるようです。日本各地に分布し、落葉の中にはえる腐生植物です。
 1株から高さ10〜15cmの多肉質の茎が数本〜十数本出ます。茎には鱗状の小さな葉が密着し、地上部のすべてが純白色です。
 頭が垂れているように見えるのが花で、種子もできます。
 和名の銀竜草(ぎんりょうそう)は、全体が竜の姿に似ていることから付いた名ですが、どちらかといえばタツノオトシゴに似ているかも。


メニュー画面に帰ります