熊本県小国町の巨樹
下の城のイチョウ
  •  イチョウ科イチョウ
  •  所在:熊本県小国町・下城
  •  指定:国天然記念物
  •  幹周:1,000cm 樹高:20m
 横に低く伸びる枝が圧巻です。
  すぐ近くに小国郷で最も著名な二段滝「下城滝」があります。国道212号沿いにあり、見物者が絶えません。







阿弥陀杉
  •  スギ科スギ
  •  所在:熊本県小国町・黒渕
  •  指定:県天然記念物
  •  幹周:1,160cm 樹高:36m
 かつて幹冠の投影面積が1反(10a)はあるといわれました。
 横に大きく張り出した枝に、同級生数人と並んで座り写真を撮ったのは、もう40年近くも前のこと。その枝も今は切り落とされています。



鉾納宮のケヤキ
  •  ニレ科ケヤキ
  •  所在:熊本県小国町・宝来
  •  指定:町天然記念物(S55.10.22)
  •  その1 幹周:810cm 樹高:15m
  •  その2 幹周:730cm 樹高:18m
 「奉祀の年代は明らかでないが口碑によると黒渕黒牟田の地より二振りの鉾が出て同地の湧水で洗ってみると燦然と輝く古金であった。 ・・・」という鉾納宮縁起。その夜村長の夢枕にたった白髪の老人のお告げにより、御神体にしたと伝えられています。
 境内では、他にも夫婦杉などを見ることができますが、このケヤキ2本は貫禄充分の風格です。
 鉾納宮の近くには小国町が生んだ画家「坂本善三」氏の美術館もあります。







データは、巨樹・巨木林調査報告書(環境庁1991年)または現地案内板によります
メニュー画面に帰ります