佐賀県の巨樹(クスノキ)
川古のクス
  •  クスノキ科クスノキ
  •  所在:佐賀県武雄市若木町
  •  指定:国天然記念物
  •  幹周:2,100cm 樹高:25m
  •  樹齢(伝承):3000年
 さすがに日本三大クスノキのひとつとして知られた樹です、どのアングルでも絵になります。 行基によって立木仏が彫られたという逸話が残る樹でもあります。
 公園整備されて環境が良くなりました。人に根先を踏ませないことは大切なことです。










塚崎のクス
  •  クスノキ科クスノキ
  •  所在:佐賀県武雄市塚崎
  •  指定:市天然記念物
  •  幹周:1,390cm 樹高:18m
  •  樹齢(伝承):800年
 市民文化会館裏手の小高い山の頂に鎮座しています。空洞化していて、周辺のわずかな木質部と表皮で生命を保っています。 そのことがむしろ貫禄を感じさせる樹です。



武雄のクス
  •  クスノキ科クスノキ
  •  所在:佐賀県武雄市・武雄神社
  •  指定:市天然記念物
  •  幹周:2,000cm 樹高:30m
  •  樹齢(伝承):1000年
 武雄神社の御神木で、空洞内に御神体が祀られていることから、参拝者が後を絶たず、結局根を傷めました。
 遠くからでも参拝はできるし、見通しさえ利けば写真も撮れるのです。







稲佐神社のクス(2本)
  •  クスノキ科クスノキ
  •  所在:佐賀県有明町・稲佐神社
  •  指定:県天然記念物
  •  その1 幹周:1,050cm 樹高:27m
  •  その2 幹周:1,000cm 樹高:17m
  •  樹齢(伝承):600年
 神社にクスノキは付き物の感がありますが、このクスノキ2本は境内の主として威厳を保っています。
 周辺には一本松、二本松などの地名が残され、かつては稲佐山まで波が打ち寄せていたのだそうです。





データは、巨樹・巨木林調査報告書(環境庁1991年)または現地案内板によります
メニュー画面に帰ります