名 前 池田 隆範(いけだ たかのり)


 現住所 宮崎県宮崎市
 略 歴
1948年 熊本県阿蘇市一の宮町生まれ
1967年 宮崎県に移住
1991年 写真集「みやざきの巨樹100選」の編集に携わり、写真・本文を併せて担当する。当時巨樹の絵2,000枚を目指す選定委員の平岡忠夫画伯との運命的な出会いがあり、以来巨樹&カメラの世界にのめり込むことになる。
1994年 秋田県和賀山塊の巨樹・巨木林調査に参加。

屋久杉に魅せられ、屋久島縦走に2度挑戦(うち1回は単独縦走で怖い目に遭う。)するなど、大いに打ち込んでいたが、膝を痛めてしまい、その後は軽登山程度で我慢している。
2001年
2002年
2003年
「みやざき巨樹の道」県北編を出版
「みやざき巨樹の道」県南編を出版
宮崎県刊行「ひむか巨樹マップ」企画・編集
現 在 2008年3月にサラリーマンを辞め、専ら県内の隠れた巨樹発掘や再測定、「巨樹の道」続編などに取り組んでいる。

全国巨樹・巨木林の会会員
巨樹の会(平岡忠夫主宰)会員
 使用機材 主に SONY α350
   SONY α100
   MINOLTA α7
   Mamiya645super
時に FUJIFILM GA645Wprofessional
他に OLYMPUS OM-1N



メニュー画面に帰ります